海外での使用

海外旅行先でクレジットカードを使う予定がある時は

お金を持っていなくても、お店で品物が買えたり飲食が出来たりする便利なクレジットカード。
通貨の違う海外の国では特にそう感じることが出来ます。
日本では数々の種類のクレジットカードが存在していますが、海外旅行で訪ねるような観光地ではVIZAカードが一番使えるカードでしょう。
クレジットカードの種類によっては受け付けていない店もあるので、数枚持って行くならば一枚はVISAカードにすることがオススメです。
また、店のカードリーダーがクレジットカードを読み取ってくれない、というアクシデントも海外ではよく起こることです。
欲しいものが買えなかった、とならないように、メインのカードにプラスして予備のカードも持って行くと安心です。
西洋の国に旅行してクレジットカードを使うと、もし裏にかいてあるサインが漢字の場合、店員が興味を持って話しかけてくることがあります。
西洋人にとって漢字は格好よく見えるようです。
そんな場合はびっくりして無愛想になってしまわず、笑顔で対応できるようになると、海外旅行に慣れている、と言うことができるでしょう。

海外旅行する際にはクレジットカードがあると便利

日本国内と違って、海外へ旅行に行った時に多額の現金を持ち歩くのはとても危険なことです。
治安が良くないので、ひったくりに狙われたり、強盗被害にあったりしがちです。
それゆえ、クレジットカードは必須になります。
海外に行く際は、できれば異なる国際ブランドの付帯したクレジットカードを2枚用意した方が望ましいです。
クレジットカードが、紛失したり、磁気テープやICチップの故障によって使えない事態が発生した場合、予備のクレジットカードを使えます。
また、1枚だけですと、所持しているカードの国際ブランドに加盟していないと使えませんので、予備に持っていた方がいいと言えます。
電車やバス等の公共の交通機関の運賃の支払いやチップを渡す場合に、現地のお金が必要になります。
その場合も現地通貨と両替せずに、ATMの利用手数料はかかりますが、クレジットカードのキャッシングを利用して、使う分だけ少額ずつ借りる方法もあります。
少しだけなら借入限度額を超えることはありません。
国際ブランドのカードなら海外の主要都市の空港や銀行にあるATMから、国内での手続きと変わらずにキャッシングができます。
現地でその日の為替レートが適用され、帰国後に上乗せされることはありません。
利息が気になる場合は、帰国してすぐに提携ATMから返済手続きをすると、利息は少なくて済みます。
両替の手数料と変わらない場合もあります。

pickup

2018/1/25 更新

Copyright (C) credit guide. All Rights Reserved.