カードの期限

それぞれのクレジットカードに定められている有効期限

手許に現金の持ち合わせがない場合でも、必要とするものを購入することができる点で、クレジットカードを利用している人は少なくありません。
また海外に出かける場合などは、現金を所持するよりも安全だということから、クレジットカードを旅行に合わせて作る人もいます。
手許にあるカードで支払いができる点で、クレジットカードはとても便利ですが、ぞれぞれに有効期限が設けられています。
クレジットカードを保持しており、きちんと請求に対しても支払いをしている人に対しては、有効期限に達する前に、同じカード番号で利用可能な期限を延長した新しいカードが届けられます。
また使用しているうちにカード自体が老朽化してしまったり、最新の防犯機能を備えたものに更新するためにも、定期的な更新が必要とされています。
もしこうした新しいカードを入手することができず、有効期限が過ぎてしまった場合には、使用することができません。
クレジットカードには個別に有効期限が定められていますが、期限が過ぎてしまうと、利用することができなくなってしまうため、注意しておくことが必要だといえるでしょう。

気を付けておきたいクレジットカードの有効期限

新しいカードが届いていたのにも拘わらず、うっかり有効期限が過ぎているクレジットカードを使ってしまった経験をお持ちの方は、決して少なくないでしょう。
クレジットカードは数年を単位として有効期限が設定されており、その期限に達する前に同じカード番号で有効期限が延長されたものが手元に届けられます。
けれどもきちんと返済をしていなかった場合などには、更新の対象になりません。
新しいクレジットカードが発行されず、有効期限に達した後はカード自体が使えなくなってしまうこともあります。
こうした信用情報に関する理由の他にも、カード自体が老朽化してしまうことや、最新の防犯対策を施したカードに切り替える必要があるためなど、期限を設けて定期的に新しいカードを発行するのには理由があります。
いったん期限に達してしまったクレジットカードを利用することはできません。
そのため期限が近づいてきた場合には、新しいカードへの交換が近づいていることを意識し、早めに切り替えることが大切だといえるでしょう。

check

留袖のレンタル

Last update:2018/3/14

Copyright (C) credit guide. All Rights Reserved.