カードの審査

クレジットカードの審査対象となる項目

クレジットカードと言うのは、誰もが好きなカードを持つことができるわけではありません。
クレジットカードを作る時には審査と言うものがありますから、それに通らなくてはカードを持つことはできません。
なお、クレジットカードを作る時には、どういったことが審査対象となるかですが、大事なのは年収です。
クレジットカードと言うのは利用限度額と言うのが定められており、たくさん使用した時に支払う能力がない人に持たせるわけにはいきません。
ですから、ランクの高いものになると、最低でも600万円を超えるぐらいの年収が必要になってくるものです。
ただし、クレジットカードの審査と言うのは、単純に年収だけで判断されるものではありません。
いくら年収が高くても、それが一過性のものであれば、良い評価はされないものです。
例えばですが、公務員のように収入が安定していることも大事で、その勤続年数が長ければ良い評価をしてもらえることもあります。

クレジットカードの審査について知っておきたいこと

クレジットカードは利用を希望すれば誰もが持てる訳ではなく、カード会社もしくは保証会社の審査に通る必要があります。
クレジットカード利用のシステムとしては、商品などを購入した代金をカード会社が購入店に対して立替えて支払ってくれます。
その後カード利用者が代金をカード会社に支払うことになりますので、きちんと支払ってくれる人に対してでないとカードを発行することが出来ません。
その為、審査ではカードの利用代金を支払えるだけの収入が有るかということなどが判断材料となります。
また申込人の収入以外にも重要となることが信用情報機関に記録されている申込人の信用情報です。
そこには過去の借入状況や返済状況などが記録されていますので、申込人に信用力があるか否かを判断することが出来ます。
信用情報では他社のクレジットカードの申し込み記録なども分かりますので、もし他社のクレジットカードの審査に落ちてしまってから直ぐに申し込みを行った場合は、審査に通り難い傾向があります。

Favorite

デザイン住宅 群馬

最終更新日:2018/5/25

Copyright (C) credit guide. All Rights Reserved.